ワインは優雅に | 楽しくお金が欲しいのであれば「主婦交際クラブ」でアルバイト!

楽しくお金が欲しいのであれば「主婦交際クラブ」でアルバイト!

「楽しくお金が欲しいのであれば「主婦交際クラブ」でアルバイト!」のピクチャーイメージです。

ワインは優雅に

「ワインは優雅に」のピクチャーイメージです。

交際クラブに登録する男性というのは、基本的に富裕層の人が多いといえます。弁護士や検事…医師に何かの教授とか。そういった男性とのデートというのは、一般の男性とのデートであるようなカラオケやゲーセンといったもの…もなくはないでしょうが、高級なレストランでディナーなんてデートも十分にあり得ることでしょう。ファミレスではありませんよ、高級レストランです。ともなれば、気になるのは立ち振る舞いです。
何気に飲んでしまいそうになるワインですが、じつはこのワインには多くの決まりごとがあるのです。

ワインはお店の人が注いでくれる場合もありますが、自分たちで注ぐ場合もあります。お店の人に注いでもらう場合にも自分たちで注ぐ場合でもグラスはテーブルに置いたままというのがマナー。日本人はついつい持ってしまいそうになりますが、これはいけませんよ。そして気を付けたいのはワインを自分たちで注ぐ場合です。いわゆる女子力の高い女性というのは男性のグラスが空であれば思わずワインを注いであげそうになるかもしれません。しかし、これはいけないのです。ワインは男性が注ぐ決まり。女性側のグラスが空いていたら、スッと注ぐくらいの器量が必要になるというシーンですので、かえって男性の顔をつぶしてしまうということにもなります。女性はどんと構えて注がれておきましょう。
お店の人に注いでもらうとき、もういらないという場合は人差し指と中指でグラスのふちに置きましょう。これがもういらないというサインになります。
ちなみに乾杯の席ではグラスをぶつけない事。グラスは非常に繊細なので割れてしまいます。胸に掲げて目線まで上げるというのが正解です。